有楽町皮膚科 PDT日記 有楽町皮膚科 無料相談  

ENVIRON クレンジングジェル

内容成分

化粧品に用いられる水は「精製水」であり、配合する様々な原料を溶かすために用います。 化粧品の基本成分として欠く事のできない成分です。
ラウラミドプロピルベタイン ヤシ油等を原料としてつくられる刺激の少ない洗浄剤です。 泡立ちがよく、高い泡安定性を持っています。
ココイルグリシン水 たんぱく質を構成しているアミノ酸を元につくられた洗浄剤です。クリーミーな泡を作ります。
コカミドDEA ヤシ油を原料とした起泡剤です。泡立ちを安定させます。
グリセリン 粘度低下剤です。製品の性状をなめらかにし、また保湿効果もあります。
塩化Na 水分を吸収しやすい性質を持ち、製品の粘度調整に役立ちます。
クエン酸 pH調整剤として働きます。
メチルパラベンNa 長年にわたり研究され、幅広く利用されている防腐剤の一つです。様々な種類の微生物に対して効果が あります。パラベンの仲間を複数組み合わせることで防腐効果がより高まります。
フェノキシエタノール 幅広く利用されている防腐剤の一つです。パラベンと組み合わせる事でその防腐効果が高まります。
パンテト酸5Na 化粧品中に含まれる微量金属による品質の劣化を防ぎます。また、酸化防止剤として製品を酸化から守ります。

クレンジングジェルの特徴

  • 吸着性・浸透性が高く、ジェル特有のテクスチャーを持つ事から、摩擦による肌への刺激を抑えられます。
  • クレンジングジェルは保水作用があるので、オイルクレンジングなどで洗った時の様な肌のつっぱり感は ほとんど感じません。
  • ENVIRONのクレンジングジェルは水性ジェルタイプなのでオイルフリーである事からまつげエクステを付けていても安心して使う事が出来ます。 メイク落ちは、クリームタイプ→ミルクタイプ→ジェルタイプ→オイルタイプの順で高くなります。 アイメイクをしっかりしている場合、ポイントメイク落としを併用して使用するのが正しい使い方です。
  • ENVIRONのクレンジングジェルはメイク落としだけではなく、洗顔料として使用することが出来ます。

クレンジングジェルの特徴

肌に必要な成分であるビタミンの働きを最大限に活かす為、香料・着色料をはじめとした余分な成分を極力 排除して作られています。 また、パッケージは配合成分を光や空気から出来るだけ守る為に素材や形状に配慮して作られています。