有楽町皮膚科 PDT日記 有楽町皮膚科 無料相談  

ビタミンC

ビタミンCとは?

一般的にビタミンCはメラニンの生成抑制のほか、コラーゲンの産生促進、しみ・しわの改善、特に紫外線が関与する光老化の予防及び改善効果を示すことが報告されております。 ビタミンCは肌のコラーゲンを合成し肌のダメージを与える活性酸素を抑えるので肌荒れを防ぎます。又、メラニン色素の沈着を防ぐのでしみ・そばかすを防ぐ他、ニキビやニキビ跡改善も期待できます。


外用療法
肌の悩みに効かせるためには肌に吸収される外用剤が効果的ですが通常アスコルビン酸は不安定なため化粧品への配合は不向きと言われております。アスコルビン酸は肌のアンチエイジングや美容のために有効な化粧品成分ですがその安定化や浸透性の面で多くの課題があり、化粧品に配合するには難しい成分のひとつです。それらの課題を解決するために、化粧品原料や化粧品の各メーカーによりアスコルビン酸の安定化と浸透性を高めた処方開発が行われてきています。

内服療法
ビタミンCの最大の役割はコラーゲンの生合成ですがその他にも、活性酸素を除去する抗酸化物質として働き、鉄の吸収促進、コレステロールの処理、ビタミンEのリサイクル作用などがあります。 ビタミンCを内服すると、まず体の必要な器官へとビタミンCは運ばれますが肌に作用するビタミンCはごくわずかな量となってしまいます。肌への吸収は直接取り入れたほうが効果的だという事が言えます。 体内のビタミンCはストレスや喫煙などで失われやすく、また、ビタミンCは体内に貯蓄しておく事は出来ないので、こまめに補給する事が大切です。