有楽町皮膚科 PDT日記 有楽町皮膚科 無料相談   レーザー脱毛タイトル

レーザー脱毛の原理

  人間の毛根には、メラニン色素が含まれています。
毛根のメラニンだけに反応するレーザー光を照射すると光が熱に変わります。
この熱が、毛の成長に関与する毛母細胞を破壊します。

 
レーザー脱毛原理1
 
レーザー脱毛原理2
 
レーザー脱毛原理3
 
  剃毛後、レーザーの光を当てます。 光が毛根のメラニンに反応し、熱に変わります。毛根の組織を破壊します。 毛根が破壊され、毛は自然に抜け落ちます。  
             


医療機関で脱毛するメリット

エステ脱毛との違い

有楽町皮膚科では医療用機器として厚生労働省より許可を受けたレーザー脱毛機で治療を行っています。

脱毛効果を得るには毛根の発毛組織にダメージを与えなければなりませんので高出力で施術する必要があります。
医療機関での脱毛は光脱毛機に比べて効果の高い、高出力の機器を使っているため軽い痛みを感じますが専用の麻酔のテープや外用のご用意も可能ですので痛みを軽減することができます。

施術は医師と、研修を行った医療従事者のみが患者様一人一人に合わせた適切な施術を行っています。万が一施術中になんらかのトラブルが発生しても医療施設ですので即座に処置が行えるため、パワーの強い有効なレーザー治療を行うことが可能です。

脱毛は毛周期に合わせて行うのが効果的ですので1〜2ヶ月の間隔で施術するのがベストです。治療の目安は部位により若干異なりますが、6ヶ月〜1年が目安となります。

安心・安全・確かな効果

有楽町皮膚科では日々質の維持向上を目指し研修を定期的に行っている医療従事者が確かな知識を技術をもって
患者様一人一人の状態に合わせた脱毛にあたります。そのため安心・安全・確かな効果が期待できます。

脱毛イメージ

脱毛レーザー豆知識「病院で行うレーザー脱毛は高い?」

医療用脱毛レーザー機の脱毛効果はエステや自宅で安価で行う光脱毛機に比べてパワーが強く、効果が高い為、肌の色・皮疹の有無・毛流など肌の状態に合わせ、施術担当者はレーザー出力を的確に選択する知識が必要なため皮膚科の経験豊富な看護師が治療にあたる必要があります。 また、使用するレーザーのハンドピースは使いまわしは行っておらず、患者様ごとに滅菌消毒したものを用いており、多少コストがかかっても病院なら安心して治療が受けられます。

脱毛風景

よくあるトラブル

  • サロン脱毛でヤケドになってしまった。
  • レーザー脱毛後に湿疹ができてしまった。

脱毛効果を上げるため、肌状態を判断せずにむやみに高いパワーで施術した為にヤケドなどはおこります。また冷却装置なしのレーザー機を用いたり、治療後に充分な冷却を行わなかったりすればヤケドや湿疹のような肌の変化もおこります。
必ず治療後に外用剤等の塗布処置が必要です。
肌の反応に合わせた外用剤の塗布などの医療行為は病院でしか認められておりません。

※当院ではレーザー治療後に塗布する外用剤は無料です。看護師からのきちんとした説明がありますので、安心して治療が受けられます。



患者様ごとにハンドピースを交換しています。

治療の流れ

STEP1お着替え
ガウンをご用意しています。
デリケートゾーンの場合は紙ショーツをご用意しております。
脱毛流れ1お着替え
STEP2状態チェック
当日のお肌の状態を見させていただき、
レーザー脱毛の強さを決めていきます。
脱毛流れ2状態チェック
STEP3レーザー脱毛
痛みの感じ方は、部位によって異なります。熱した輪ゴムを弾いたような感触でほとんどの部位は自制内の痛みですが、毛の濃い、色素の濃い部位(ひげ、デリケートゾーン)は強く感じることがありますので、
専用の麻酔のテープや外用をあらかじめ用意することが可能です。
脱毛流れ3レーザー脱毛
STEP4クーリング
レーザー脱毛後の肌は敏感になっているので
冷たいシートで 鎮静させていきます。
脱毛流れ4クーリング
STEP5外用剤塗付
必要であれば外用剤を塗布させていただき終了になります。
脱毛流れ5外用剤塗付

費用

部位 1回のお値段 時間
両ワキ 8,000 円[税別] 10分
両ひじ上(全周) 27,000 円[税別] 30分
両ひじ下(全周) 27,000 円[税別] 30分
両太もも(全周) 55,000 円[税別] 70分
両ひざ下(全周) 38,000 円[税別] 50分
口周り 15,000 円[税別]

30分

顔全体 20,000 円[税別]

30分

手の甲(両手・両指含む) 10,000 円[税別] 10分
背中上下 90,000円[税別]

90分

背中上 50,000円[税別] 50分
背中下 50,000円[税別] 50分
腹部全体 60,000円[税別]

70分

胸部全体

40,000円[税別]

30分

上半身前面(腹部+胸部) 90,000円[税別] 90分
臀部 60,000円[税別] 60分
乳りん 10,000円[税別]

10分

足の甲 10,000円[税別]

10分

うなじ 25,000円[税別] 40分
その他の部位 10p×10p (背中・うなじ・腹部など) 20,000 円[税別] 30分
ショット (乳輪周り へそ周りなど) 1,000 円[税別] 1ショット
デリケートゾーン V (ビキニ)  ライン 20,000 円[税別] 30分
I ライン (会陰部)) 17,000 円[税別] 30分
O ライン (肛門周り) 10,000 円[税別] 10分
デリケート(I・O周囲)ショット(麻酔込み)
10ショットで2ショットサービス
1,200 円[税別] 1ショット
ひげ脱毛 「口周り」(男性の場合) 18,000 円[税別] 40分
ひげ脱毛 「顔全体」(男性の場合) 24,000 円[税別] 50分
※I・Oラインを施行される方は必要に応じて麻酔テープ(1枚500円[税別])を貼布します。
または麻酔クリーム(1g/1000円[税別])を使用しますのでご予約のお時間の30分前に来院をお願いします。
○治療前日に必ず脱毛希望部分の毛の処理を行ってください。(うなじは剃毛料が含まれています)
処理されていない場合は別途剃毛料金として\3,500円[税別]を頂きます。
レーザー脱毛について
ポイントカードについて
  • レーザーによる痛みは自制内ですが、毛の濃い、色素の濃い部位(ひげ、デリケートゾーン)は強く感じることがありますので、
    専用の麻酔のテープや外用をあらかじめ用意することが可能です。
    麻酔テープ1枚(5×3cm) 500円[税抜]    麻酔のクリーム(1gにつき) 1,000円[税抜]
    麻酔のテープをご希望の方は、麻酔が効くのに時間がかかりますので予約時間の30分前にご来院下さい。

注意事項

  • 治療前日に、必ず脱毛希望部分の毛の処理を行ってください。
    処理されていない場合は、別途剃毛料金として\3,500円(税抜)を頂きます。
    ※デリケートゾーンをご希望の方は、ご自身で剃毛をお願い致します。
    院内ではデリケートゾーンの剃毛は行っておりません。
    剃毛をされていない場合は当日の施術をお断りさせていただきます。
  • I・Oラインの部位の詳細はお電話でお問い合わせをお願いします。
  • 予約の無断キャンセル、当日キャンセルがありますと、今後ご予約をお断りする場合もございます。
  • 予約の変更は2日前までの診療時間にお願いします。
  • 遅刻の場合は、予め予約された時間内で可能な範囲までとなります。
  • レーザー脱毛は細い毛、色の薄い毛には効果がありません。
  • 毛抜きをされている方は、1ヶ月中止してからご予約ください。
  • 未成年の方は、保護者の署名が必要になります。
  • 妊娠中、授乳中の方はご遠慮ください。
  • 日焼けが強く残っている場合は熱傷をおこす可能性がありますのでご遠慮ください。
  • 麻酔のテープをご希望の方は、麻酔が効くのに時間がかかりますので予約時間の30分前にご来院下さい。

よくあるご質問

FAQ肌へのダメージは?

レーザー光線は毛根のメラニンにのみ反応します。反応時間も短時間で、毛根以外の肌への
ダメージはほとんどありません。さらに、当クリニックで使用している機器は、治療部位を冷却しながら
レーザーを照射しますので、肌へのダメージはより小さくなり痛みも最小限に抑えられます。

FAQ皮膚科で脱毛するメリットは?

指導医のもと、専門の医療スタッフが施術しますのでご安心ください。敏感肌の方に
対してのレーザー脱毛の経験も多数あります。

FAQ治療は何回くらい必要ですか?

毛根には成長サイクルがあり、レーザーに反応する毛根は、成長の時期にあるもののみで、成長を休んでいる毛根はやがて発毛してきます。間隔をあけて数回の治療を繰り返す必要があります。
毛量は個人差がありますが、3回程度で日常のお手入れが楽になり、5〜6回前後でほとんど気にならなくなる程度まで脱毛が可能です。
治療間隔は、肌への刺激や毛の周期に応じて1〜2ヶ月に一度が目安です。

FAQ照射後の注意は?

当日のシャワーや入浴は可能ですが、照射部位は敏感になっています。1週間くらいは、スポンジやタオルで強く洗うのは避け、手で洗浄剤を泡立ててやさしく洗ってください。また、照射後に日焼けをするとシミや黒ずみの原因になります。旅行などで日焼けの予定のある方は施術前に担当のスタッフにご相談ください。

FAQ薬は?

@照射後のみ、炎症止めの外用を医療スタッフが塗布します。
A赤みが続く場合には炎症止めの軟膏をお渡しします。(無料)