有楽町皮膚科 PDT日記 有楽町皮膚科 無料相談  

PDT(光線力学的治療)とは 

PDT(光線力学的治療)とは 

Photo Dynamic Therapyフォトダイナミックセラピー 光線力学的治療の略語です。

ALA(アミノレブリン酸)という生体で作られる赤血球の原料となるアミノ酸を内服し、ALAが、選択的に毛包皮脂腺にのみとり込まれるという特徴を利用し、皮脂腺内にポルフィリンという物質をつくりださせる方法です。
皮脂腺に十分にALAの分解産物のポルフィリンが蓄積されたピークの3〜4時間後に特定波長(630〜635nm)の光源を一定の距離から治療部位に10数分間照射することにより大量の活性酸素を生成させ、皮脂腺に集まったニキビ菌や、皮脂腺内で増殖したその他の耐性菌やすべての雑菌を一気に駆除してしまうという治療法です。

これらの菌の駆除と同時に毛包皮脂腺に集まったポルフィリンに光を当てることで、
皮脂腺構造の破壊を同時に行う方法ですので、ニキビの原因となる皮脂分泌の増加を抑えることのできる治療方法です。
皮脂腺を攻撃し炎症を起こさせることで、細胞構築のリセットになり、細胞は再生することで本来持っていた皮脂分泌能が正常に回復していく治療ですので乾燥肌・アトピー肌などの肌質改善にも効果があります。 PDTの光はレーザーや紫外線ではなく太陽光線にも含まれる一定波長の光で、オレンジ色の可視光線です。
光そのものは単独ではエステなどで光治療としても用いられており皮膚への透過性が高いため細胞の活性化を促進し肌の再生を促す効果があります。(LED光治療 詳細はこちら

皮脂腺の特に多い眼瞼や口唇部は炎症反応が強くでやすいため、遮光を行い照射します。
遮光を行ってもまぶしく感じる事もありますが、光に対しては次第に慣れて行くことができ、眼球や視力に影響のない波長の光です。 ALAの内服量は体重によって変わります。
照射時間や光源からの照射距離は皮脂量や病変の状態や治療段階に応じて個々によって異なり変化させていく治療ですので、PDTは専門的治療機関で経験豊かな医師のもとでのみ行われる治療です。

ALAとは?

アミノレブリン酸:5-AminoLevulinicAcidの略称です。赤血球の赤い色素(ヘモグロビン)を作る成分で、もともと体内で合成されているアミノ酸です。植物では葉緑素(クロロフィル)の成分でもありALAは植物や動物の生命起源のアミノ酸ともいわれ、健康食品などのサプリメントや植物の発育を助ける原料として砂漠の緑地化推進事業などにも応用されております(コスモ石油HP参照)。 体重にあわせて算出したALAを内服すると選択的に毛穴皮脂腺にのみ取り込まれポルフィリンという物質を3〜4時間かけ徐々に皮脂腺内で生成していきます。ポルフィリンは一定波長(630〜635nm)の光を照射されると大量の活性酸素を生成する光感受性物質です。皮脂腺内でポルフィリンにより生成された活性酸素は毛穴に巣食うニキビ菌や様々な雑菌、薬剤耐性菌などに対して強力な殺菌効果を発揮します。

またポルフィリンはブラックライトでオレンジ色に光る物質です。内服したALAの代謝分解産物のポルフィリンが時間とともに皮脂腺に蓄積するのを肉眼で確認することが可能です。 ALA内服前に比べて皮脂腺の多い部位がオレンジ色に光り肌全体の感光している面積が増大してくるのがわかります。(詳細はこちら

ブラックライトとポルフィリンの関係

皮膚表面には健康な人には必ずニキビ菌はおりニキビ菌は皮脂を栄養にしてエネルギーを代謝しポルフィリンを産生しています。
ブラックライトの紫の光を照らし皮膚を観察すると、健康な肌の人でも鼻の周りなどオレンジ色に光っている部分が必ずあり、そこにはニキビ菌の存在が示唆されます。
またニキビが多いのにブラックライトをあててもオレンジに光っていない場合もあり、何度も炎症を起こし壊れた毛穴構造のトンネルの奥深い所にニキビ菌がいる場合や、ニキビ菌以外の悪玉菌、抗生剤にあまり効かない耐性菌が原因でニキビとなっている場合などが示唆されます。 最近は若年者であってもブラックライトに反応しないニキビが多発している事が多く早い時期からの抗菌剤の長期連用によって耐性菌ができてしまっている事なども考えられます。

ニキビ原因のメカニズム

美しい肌にもニキビ菌がいるのになぜニキビにならず、ニキビは時に赤い丘疹となって反応してくるのでしょうか。
ニキビ菌は皮脂を好む性質があり皮脂の貯留と密接な関係があります。
皮膚表面のニキビ菌のまわりに毛穴から分泌された皮脂が増加するとニキビ菌は皮脂を栄養としているため、分解するための酵素を放出します。ニキビ菌によって分解された皮脂は遊離脂肪酸となり皮膚に炎症反応を引き起こしますが皮膚表層で起こる反応は自浄作用で消失します。しかしながらニキビ菌はもともと嫌気性菌で酸素のない皮下の毛穴の中を好むので、毛穴の奥の密封された毛穴構造の中に一旦ニキビ菌が侵入し増殖すると、ニキビ菌が栄養にしている皮脂の分解反応による炎症が惹起され、炎症により次々に起こる一連の毛孔と皮脂腺の反応がニキビという赤い信号と考えられます。(ニキビの原因 詳細はこちら

ALAの特徴

ALAは内服により代謝され、皮脂腺にのみ蓄積されるという特徴があります。内服だけでは皮脂腺や他の細胞に対して何ら攻撃性は持たず、むしろ生命の起源物質といわれるアミノ酸なので体内を活性化させます。
内服によって皮脂腺には光感受性物質(プロトポルフィリン9)を合成していきます。この皮脂腺にできた光感受性物質は一定波長630〜650nmの光のみを吸収し、細胞内で細胞毒性を発揮し、その細胞を攻撃破壊します。
医療の分野では様々な光感受性物質が悪性腫瘍などの治療に利用されていますが、ターゲットになる特定組織にのみ親和性があり毒性が少なく、発癌性がない物質は限られています。ほとんどの光感受性物質が体内から消失するのに数週間かかり、治療後にも長期間の遮光生活が必要とされる欠点がありました。1990年より光感受性物質の副作用の問題をクリアすべく着目され応用されるようになったのがALA(5アミノレブリン酸)です。
ALAは摂取しても約24時間で体内から消失しますので遮光期間などの難点がクリアされました。またALAは人体の赤血球のヘモグロビン合成過程(ヘム合成経路)で体内で合成されるアミノ酸ですので、毒性や発癌性、肝機能障害などの危険性がなく安全なアミノ酸です。

PDT治療による肌の反応

皮脂腺や毛孔内で、ALA内服によってできたポルフィリンの蓄積のピークにあわせて光の照射を行うと、皮脂腺内では活性酸素の放出が始まります。抗活性酸素が皮脂腺細胞そのものとニキビ菌や他の雑菌を破壊していく炎症反応が起こるので、光を浴びている部位は少しずつジリジリとした刺激感や皮脂の分布が多い鼻周囲には拍動感や灼熱感を感じる事があります。
照射後の反応は軽く熱をもった程度から日焼け直後の発赤まで肌質により強弱の差があります。
オイリー肌や赤ニキビが多くできている方ほど強く反応を感じる事があります。
またPDTでは乾燥肌・アトピー肌・皮脂量の低い肌や肉厚で張りのある肌タイプの方では赤い炎症反応が起こりにくい特徴があります。 ただし治療の際の反応が弱かったからといって治療効果がないわけではありません。治療1〜2数週間後に皮脂・水分量を計測すると確実に数値の変化が表れております。より深達度の高い皮脂腺レベルで反応がおこるので、皮脂が少ない表層では治療直後の反応が表れにくいという事です。

照射直後の冷却により炎症による発赤は帰院時にはほとんどの方は消失していますが、発赤が強く残っている場合もありその際には照射直後に抗炎症剤を内服していただきます。また特に強い炎症反応が起こった場合にはALAを速やかに体外へ排出させるため、ALAと結合性の高い鉄剤(無料)を直後に院内で内服して頂く事もあります。
発赤が強く出現した場合でも1〜3日で炎症は治まります。
またメイクは治療直後から可能ですので、治療後の反応に関しては、ほとんどの方が日常生活で気にならない程度で軽快します。

PDTの好転反応

治療後2〜3日めに赤にきびが大きく増大したり、ニキビの少なかった部位に小さな黄色の膿ニキビが出現することがあります。
一見悪化したように見えますが、PDTによって生じた活性酸素により攻撃された細菌が一気に駆除され、また皮脂腺細胞そのものも破壊されるために生じた炎症反応の残骸が黄色の膿みとなって出現したものです。
このような反応は一時的なもので1週間ほどで消失します。
PDTの効果が確実出現した証拠として「好転反応」と呼んでいます。(好転反応の詳細はこちら

好転反応は必ずおこるものではありません。好転反応は肌質に左右され、乾燥肌・アトピー肌の方やオイリーでも皮膚に厚みや張りがある方では、好転反応はおこりにくく、また高いエネルギー照射で一気に治療を行った際などには好転反応はでやすいので、治療回数は増えても治療効果が少しずつ実感できるような照射方法での治療をおすすめしております。

PDTの治療回数と効果持続期間について


PDTは1回の治療では不完全です。強い殺菌効果は得られますが皮脂腺の治療や肌のリセットにはなりません。人の細胞はキズが治るように、自然に壊れた皮脂腺も再生され約4週間で元にもどっていきます。皮脂腺が完全に破壊され皮脂を分泌しなくなれば肌は皺だらけになってしまいますので、皮脂腺は必要な組織ですので完全に破壊することはできません。

PDTは過剰に皮脂を分泌している細胞を適度な皮脂の分泌する状態まで萎縮させていく治療です。同時に乾燥したために皮脂詰まりを起こし、ニキビや様々な肌荒れなどを起こしやすくなっている肌に対して、皮脂腺を攻撃し炎症を起こさせることで、細胞構築のリセットになり、細胞は再生することで本来持っていた皮脂分泌能を回復し肌質を改善する治療です。
皮脂腺が破壊され一時的に乾燥した皮膚は再び皮脂分泌が再開しもとに戻ろうと反応していきます。破壊された皮脂腺が完全に回復する少し前に、再度PDTを行い皮脂腺を破壊します。皮脂の回復の時期に再度侵入してくる雑菌の破壊を行います。PDTを3週間ごとに繰り返し行っている間に、皮脂分泌能が一定化し新生ニキビが次第にできなくなってきます。
PDTにより明らかな改善がえられるまでの平均治療回数は約6回です。

有楽町皮膚科では伊藤嘉恭先生のPDT原法(皮膚病診療PhotoDynamicTherapy 22(12);1185-1190,2000)を検討し改良を重ね照射方法は独自のものとなっております。
治療回数はニキビの状態や肌質、年齢差などにもよりますが、強いエネルギーを与え一気に好転反応が起こるのを避けるためには、少しずつ段階をへて治療の強さを変え肌質改善して行く事がすすめられます。
次第に新生ニキビができなくなりPDTが終了し完全治癒を得た方のニキビの再発率はごくわずかです。
PDTの効果は永遠に続くわけではありません。維持のため個々にあったスキンケア指導が必須です(クリニック製剤・化粧品・その他の詳細はこちら)。
完全緩解に至らず終了した場合は6カ月から1年に1〜2回のPDTを行い維持する方法を提案しています。
特にオイリーな方は、皮脂腺の数が少なくなるわけではありませんので、PDTにより抑えられた皮脂分泌能が回復してくる数カ月後に1〜2回PDTを行いコントロールしていく事が勧められます。

PDTの治療の際の注意点

PDT当日ALA内服前後はアルカリ性の飲食物やビタミン剤や各種サプリメント、風邪薬や鎮痛剤の併用は避けて下さい。

ALA内服と同時に体内でポルフィリンの生合成が開始されますが、分解吸収が早まるようなアルカリ性の飲食物や抗炎症剤(風邪薬や鎮痛剤)また抗酸化力のあるビタミン剤やサプリメントなどを同時に併用すると分解が早まりPDTの反応が弱まったり、反応を抑えてしまう可能性があります。
治療当日はALA内服の前後は上記のような食品や薬剤の服用はひかえて頂きます。
治療が終了した直後からは上記の摂取は再開して頂いても問題ありません。
また内服したALAは約1日で分解排出されて体内には残りません。

ALA内服後は顔面をはじめ露出部位は太陽光線を受けないような遮光の工夫が必要です。

PDTの光線は太陽光にも含まれる波長ですので、ALA内服直後に太陽を浴びるとPDTの反応が少しずつ開始してしまう可能性が高いため、治療部位はマスクや帽子など太陽光を浴びない工夫が必要です。またALAは皮膚のすべての皮脂腺に取り込まれるため四肢などを露出し光を浴びるとPDTに似た弱い反応が起こる可能性があります。 
ALAが体内から完全に消失するまでPDT当日と翌1日間は肌の露出の少ない服装や遮光に注意する必要があります。ALAの分解物質がまだ残っている間に肌を露出していると薄い日焼けのような反応がおこると考えられますが、現在露出部にそのような症状の現れた患者さんはおりません。
顔面の場合は治療回数が増えると日焼け後の薄い色素沈着のような反応がみられる事がありますが、女性の場合はメイクなどの遮光で色素沈着が防げます。一過性の薄い日焼けのよう反応なのでまもなく消失しますが、当院ではハイドロキノン外用などのメラニン合成阻害剤も色素沈着には有効ですので用いております。
ほとんどの方が目だった色素沈着を起こすことなく経過しております。

ALAは内服すると、嘔気が起こることがあります。万全な体調と空腹をさけ服用して頂きます。

ALAは内服しやすいように粉の状態ではなく有楽町皮膚科独自でメーカーに依頼してカプセル化したものを服用して頂いておりますが、胃の中で溶けると強い胃酸の亢進で嘔気を感じる方がおります。
このため空腹をさけて服用していただきます。また急激な体内の活性化のため睡眠不足や体調不良の際にも嘔気を感じることがあります。
このため、はじめてPDTを受ける方は服用後十数分はクリニック内で待機して頂いております。
ALA服用後治療中に万が一気分が悪いなどの症状が現れた場合にはすみやかに対応できるように内服や注射などを準備しております(このような消化器症状に対する治療費は特にかかりません)。今まで嘔気などの症状のためPDTが中断した方はありませんのでご安心下さい。

2回目以降からは嘔気を起こす可能性のある方には吐き気止めの処方がでます。ご自宅などで一緒に服用していただきます。現在処方を必要とされる方はごく稀です。