有楽町皮膚科 PDT日記 有楽町皮膚科 無料相談  

プラセンタ内服 ピュアプラセンタD.R.

プラセンタの効果

プラセンタとは

プラセンタとは胎盤から抽出したエキスのことをいい、豊富な栄養素に加え体細胞を活性化させる成分が含まれており、健康・美容面で幅広い効能が認められた数少ない成分です。プラセンタエキスによって細胞の分裂速度が速まり、全身の組織、臓器、肌を若返らせるほか、美白効果やシワを目立たなくする効果があります。また、更年期症状の改善、免疫力増進、滋養強壮効果や精神安定作用などの効果もあると言われています。

2カプセルで注射1本分に相当

含有成長因子の量が大幅にアップした新しいヒトの胎盤エキスです。 胎盤から抽出した各種サトトカイン(細胞増殖因子)を豊富に含んだ、粉末状のカプセルになります。2カプセルの服用で、注射薬1本と同等以上の力価がありまう。注射が苦手な方でも気軽に服用していただける。「飲むヒューマンプラセンタ」です。 (国内の安全な人の胎盤を使用)

プラセンタに含まれる成分と働き

人ひとりの身体をつくり上げる役割を担うプラセンタには、生きていくために必要なほぼ全ての栄養素が備わっています。
3大栄養素であるタンパク質、脂質、糖質はもちろん、各種ビタミン、ミネラル、酵素、核酸などの生理活性成分が豊富に存在します。

アミノ酸 必須アミノ酸を初め、グリシン、アラニン、アルギニンなど 生命の源いろいろな生理機能を持つ
タンパク質 アルブミン、グロブリン 人の身体を作る栄養素
糖質 グルコース、ガラクトース、ショ糖 エネルギー源、細胞構造を維持する
ビタミン ビタミンB1、B2、B6、B12、C、D、E、ナイアシン 生理機能を調整し代謝をスムーズにする
核酸 DNA、RNA及び代謝産物 遺伝子の修復、新陳代謝の調整
活性ペプチド 薬理活性中心の活性ペプチドが数多く認められている 医薬品的な効能を発揮するプラセンタ中心の成分
(成長因子)

活性ペプチドの中でも特に

HGF、NGF、EGF、FGF、CSF、IGFなど

自然治癒力や免疫力を高める
ムコ多糖体 ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸 細胞間をつなぐ成分 炎症を抑える働きなどがある
ミネラル カルシウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、リン、亜鉛、鉄 血液・体液の調整など
酵素 アルカリホスファターゼ、酸性ホスファターゼ、アデノシン三リン酸など 生体内の化学反応を助ける

プラセンタの主な効能

美肌、美白、アトピー性皮膚炎、アレルギー性患者、創傷の回復促進、皮膚乾燥症、シミ、しもやけ、生理痛、生理不順、冷え性、レーノー現象、便秘、更年期障害、のぼせ、ホットフラッシュ、イライラ、肝臓などの臓器機能の強化、造血作用、血行促進、高脂血症症、腰痛症、肩こり、全身の関節痛、筋肉痛、膠原病、リュウマチ、免疫強化作用、抗疲労作用

プラセンタの美肌・アンチエイジング作用

アンチエイジング=老化防止、若返りを意味する言葉ですが、老化が原因で起こる病気が近年増え続けています。外見はもとより内面からいつまでも若々しく健康な身体づくりをしたいものです。プラセンタは、アンチエイジングとしてもその一役を担っています。プラセンタは色を白くする、シワが目立たなくなるなどの非常に高い美容効果があります。

美白効果
しみのもとであるメラニン色素の生成を抑えるとともに、しみ、くすみを取り除きます。

保湿効果
高い保湿力で、長時間しっとりとした肌を持続します。

細胞の増殖再生
ダメージを受けた細胞を修復して、新陳代謝を高め、ターンオーバーを正常化して健康な肌を作ります。

抗酸化作用
老化の原因となる活性酸素の発生を抑え、中和したりします。

抗炎症作用
ニキビや赤み、かゆみなどの炎症を抑えます。

抗アレルギー作用
免疫システムを調整回復して、アレルギー反応を抑制します。

免疫活性化作用
免疫力を高めて強く健康な肌を作ります。

アミノ酸の補給
皮膚細胞のエネルギー代謝を高めて、細胞再生の材料を補給します。

分析

ピュアプラセンタD.R.と献血について

FAQプラセンタとはなんですか?

A. 胎盤のことをプラセンタといいます。
ピュアプラセンタD.R..はヒト胎盤(プラセンタ)から抽出したエキスを成分としたものです。

FAQピュアプラセンタD.R.を使用した場合、献血はできますか?

A. 献血が制限されるのは、プラセンタ注射薬のみが対象になっています。ピュアプラセンタD.R.には献血制限はありません。

FAQプラセンタの内服薬、化粧品、ドリンク剤に献血制限がないのはなぜですか?
A. 筋肉注射や皮下注射よりも理論上危険性が小さいと考えられており、献血制限措置の対象になっておりません。

※参考資料 日本赤十字社ホームページ