表皮母斑とは

表皮母斑とは、皮膚に生じる褐色調の色調を示す母斑のことを指します。生まれつきみられることもあれば、幼少期の早い段階で出現することもあります。

表皮母斑は自然に消退することはありませんが、悪性化をすることも基本的にはありません。

部位によっては美容的な問題を生じることがあるため、治療は必要に応じて適宜検討されます。

脂腺母斑とは

生まれつき頭部や顔面にできるアザで、顔面や頭部に生ずることが多く、表面がザラザラとして、少し黄色い場合もあります。頭部に生ずると、円形脱毛症様の脱毛斑となります。

思春期以降になるとアザがイボ状になり、成人(30歳)以降になると基底細胞癌などの皮膚がんになることがあります。思春期前には、切除手術を受けた方がよいと思われます。

治療の方法

切除手術(保険適応)

治療の流れ

局所麻酔注射

切除

止血

内腔を閉鎖縫合(血がたまらないように)

表面を縫合します➝抜糸必要➝7~14日

治療後

術後出血は1~4日程度です。

血が出なくなったらガーゼ等で被う必要はありません。

薬を入浴後等につけてください。

キズははじめ赤いですが徐々に白くなっていきます。

キズが目立たなくなるのに6ヶ月~1年以上かかることもあります。

オンライン診療ご利用できます

男性にも優しいクリック

メニュー

キャンペーン

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP