アキュテイン(ロアキュタン・イソトレチノイン・イソトロイン・トレティヴァ)内服におけるその他の注意事項  有楽町皮膚科

.

  • アキュテインは空腹では摂取しないで下さい。空腹を避け、必ず食中か食後に内服して下さい。
  • アキュテイン内服中および服用後1ヶ月は献血しないで下さい。
  • 日焼けに注意し、長時間紫外線に当たらないように気を付け、日焼け止めを併用して下さい。
  • 夜間の運転を避けて下さい(突然暗い所で視力が落ちることがあり、予測ができません)。
  • 糖尿病・肝臓病・腎臓病・心臓病・精神疾患および消化器系疾患の家族歴または既往歴のある方は、治療はできません。
  • 授乳中は避けて下さい(母乳に代謝されるかどうかは不明です)。
  • 12歳未満と65歳以上の患者への投与は注意が必要です。
  • ワックス脱毛は、投与中および投与終了後6か月は避けて下さい。

アキュテイン内服中に一般的に気を付けなければならない副作用 有楽町皮膚科

.

・催奇形性 避妊の重要性
・過敏症 アナフィラキシー反応 他の皮膚アレルギー反応 アレルギー性血管炎 紫斑 紅斑
・精神障害 うつ病 自殺企図 自殺未遂 攻撃的暴力的行動 倦怠感 集中力の低下 睡眠パターンの変化 落ち着きのなさ 危険衝動
・良性頭蓋内圧亢進症(多くはテトラサイクリン系抗生物質との併用でおこるため注意が必要) 眼圧亢進による眼球乳頭浮腫 頭痛 吐き気 嘔吐 視覚障害
・膵炎 まれに重症な出血性膵炎
・脂質異常 中性脂肪、コレステロールや血糖の異常 糖尿病 肥満 アルコール摂取の多い方は注意が必要
・聴覚障害 耳鳴り
・肝毒性 肝機能障害 糸球体腎炎 血尿 蛋白尿 尿中白血球
・炎症性腸疾患 腸疾患の既往歴のない方にも炎症性腸疾患が発症する場合があります 腹痛 下血 重度の下痢
・骨密度の低下 骨粗鬆症 骨折治癒遅延
・骨化異常 骨格過骨症 靭帯や腱の石灰化 骨端早期閉鎖症
・視覚障害 暗視下の視力低下 角膜混濁 ドライアイ 眼圧亢進 流涙 色覚障害 白内障 羞明 かすみ目 コンタクトレンズ不耐性 角膜炎 結膜炎 眼瞼炎

薬物相互作用(併用薬として好ましくないもの)

  • ビタミンA 
  • テトラサイクリン系抗生剤
  • セントジョーンズワート(うつ病のハーブサプリメント)
  • フェニトイン(抗てんかん薬)
  • ステロイド内服

その他の全身的反応 副作用 有楽町皮膚科

全身系
血管炎、アナフィラキシー反応、全身性過敏症、浮腫、疲労、リンパ節腫脹、体重減少などのアレルギー反応
易感染 粘膜皮膚のグラム陽性細菌感染 細菌感染症

心血管系
動悸、頻脈、血管血栓性疾患、脳卒中

内分泌・代謝系
栄養障害、食欲不振、体重変動、高脂血症、高トリグリセリド血症、血糖値の変化、高尿酸血症

胃腸系
悪心、便秘、下痢、腹痛、嘔吐、炎症性腸疾患、肝炎、膵炎、歯茎の出血と炎症、大腸炎、喉の渇き、胃腸出血、出血性下痢、食道炎/食道潰瘍、食道炎/食道潰瘍胃腸の症状

血液系
貧血、血小板減少症、好中球減少症、赤血球沈降速度の増加、血小板増加症、無顆粒球症

感染症系
寄生中症、鼻咽頭炎、麦粒腫、上気道感染症

筋骨格および結合組織系
骨格過骨症、腱および靭帯の石灰化、早期の表皮閉鎖、骨ミネラル密度の低下、小児および青年期の患者の腰痛を含む筋骨格症状、筋痛および関節痛、一過性の痛み胸部、関節炎、腱鞘炎、骨の異常、CPKの上昇、筋骨格系の不快感、筋骨格系の痛み、首の痛み、四肢の痛み、筋骨格系のこわばり

神経学系
頭蓋内圧亢進症、めまい、眠気、頭痛、倦怠感、神経質、麻痺、発作、けいれん、脳卒中、失神、脱力感、良性頭蓋内高血圧症

精神系
自殺企図、不眠症、自殺未遂、自殺、うつ病、神経過敏、パニック発作、怒り、陶酔感、うつ病の悪化、精神病、攻撃性、暴力的行動、不安、気分の変化、異常な行動、情緒不安定、攻撃的な傾向、抑うつを含む既存のうつ病

生殖器系
異常な月経、勃起不全を含む性機能障害、性欲減退

呼吸器系
気管支痙攣(喘息の病歴の有無にかかわらず)、呼吸器感染症、声の変化、鼻血、鼻の乾燥、鼻咽頭炎、気管支痙攣(特に喘息の患者)、嗄声

皮膚と付属器系
光アレルギー/光増感反応、日焼け感受性の増加、劇症のにきび、悪化したにきび、紅斑(顔面)、発疹、脱毛症、あざ、口唇炎(唇の乾燥)、口の乾燥、鼻の乾燥、皮膚の乾燥、皮膚炎、限局性剥離、てんかん、発疹性黄色腫、多形性紅斑、紅斑、皮膚の脆弱性、髪の異常、口唇炎、色素沈着過剰および色素沈着、単純ヘルペスを含む感染症、爪ジストロフィー、パロニキア、手のひらおよび足裏の剥離、掻痒、化膿性発疹(顔面紅斑、脂漏症および湿疹を含む)、スティーブンス-ジョンソン症候群、発汗、有毒な表皮壊死、蕁麻疹、血管炎(ウェゲナー肉芽腫症を含む)異常な創傷治癒(治癒の遅延または肉芽組織の過形成)。

視神経系
眼掻痒症、無力症、視神経炎、接触レンズ不耐性、乳頭浮腫

検査データー異常
トリグリセリドの上昇、リポタンパクの低下、治療中の血清コレステロールの上昇、アルカリホスファターゼの増加、GOT(AST)、GPT(ALT)、γ-GTPまたはLDH、血中ビリルビンの増加、空腹時血糖の上昇、CPKの上昇、高尿酸血症、赤血球や白血球数の減少(貧血まれに。重度の好中球減少症や無顆粒球症の報告もあり)、血小板数の増加または減少症

オンライン診療ご利用できます

男性にも優しいクリック

メニュー

キャンペーン

PAGE TOP