アゼライン酸

アゼライン酸とは

アゼライン酸は、小麦粉やライ麦などの穀類に含まれる飽和ジカルボン酸で、催奇形性試験、遺伝毒性試験および耐性獲得試験がすべてで陰性であり、安全性が高い薬品です。 アゼライン酸の有効性は、海外ではすでに15%濃度の薬剤では確立されており、国際的な「ざ瘡治療アルゴリズム」の中でも、面皰から炎症性皮疹、集ぞく性ざ瘡にいたるまでの単独あるいは併用療法の第二選択薬として位置づけられています。 アゼライン酸には、皮脂の分泌抑制作用角化の抑制作用及び抗菌活性抗炎症作用、が報告されており、非炎症性皮疹と炎症性皮疹の両者に対する有効性が期待できます。アゼライン酸の掻痒や刺激感は、外用レチノイドによる鱗屑や紅斑などの副作用とは異なることから、外用レチノイドに副作用を感じる患者様に対して有効な治療手段となりえます。また、アゼライン酸には催奇形性がないため、妊婦の可能性のある女性に安心して使用できる特徴があります。

アゼライン酸は刺激性がない

近年、製剤技術の進歩により、刺激性の少ない20%アゼライン酸製剤が新規開発されました。アゼライン酸製剤を用いて国内において皮膚刺激性試験を行ったところ、皮膚刺激指数は0という結果が得られました。

国内の「尋常性ざ瘡患者」に対してアゼライン酸クリームを用いて安全性と有効性をみるため盲検無作為化左右比較試験を実施しました。いずれの製剤も一過性の刺激感はあるものの容認できる程度の刺激感であり、安全性は高く、ざ瘡に対して有効であるという結果が得られました。

アゼライン酸はニキビとニキビ跡に効く

ニキビは毛穴のつまりとニキビ菌の増加が原因といわれています。
20%アゼライン酸は毛包の角化を抑制します。

また、つまりの原因となる皮脂分泌抑制作用もあり、20%酸によるニキビ菌の増殖抑制効果もあるため白ニキビや炎症性の赤ニキビに効果があります。
また、チロシナーゼ活性阻害作用があるため炎症性ニキビ跡の色素沈着を抑制する働きもありアゼライン酸の美白効果に着目されています。

酒さ(酒皶)

酒さ( 酒皶 rosacea

飲酒した時のように顔が赤くなり湿疹やニキビ様の丘疹が混じった状態を酒さといいます。
赤くなる部位や赤みに特徴があります。
中年以降の女性や男性に発症します。

原因

はっきりした要因はわかっていませんが皮脂腺と密接に関連しておりもともと敏感肌のような本質的要因を増強させる要因が働き、血管拡張や炎症を惹起したり反応性の皮脂分泌亢進によって毛包虫(ニキビダニ)の関与も示唆されています。

酒さの治療・ロゼックスゲル
・アゼライン酸(DRX AZAクリア)
PDT

アゼライン酸とさや脂漏性皮膚炎

アゼライン酸は酒さや脂漏性皮膚炎の治療にも有効です。

酒さは顔面の中心部で常に外界に露出をする部位に起りやすく自然免疫が惹起される場所に起こります。酒さの病態を解析すると傷や細菌等の感染時に発生するような抗菌ペプチドのカセリサイディンが多く認められました。
酒さの表皮では、常にこのカセリサイディンが高い活性化を示しており、正常皮膚とは異なる免疫細胞の異常活性化が酒さの赤い炎症反応をひきおこしていると考えられました。

アゼライン酸はこのカセリサイディンの活性化を抑制する効果があるので酒さや酒さ様痤瘡に効果が認められます。

脂漏性皮膚炎は皮脂分泌が多い脂漏部位にできる湿疹で赤味とカサカサした鱗屑が伴います。

原因は皮脂分泌機能異常及び様々な分解産物による刺激が皮膚炎を起こしていると考えられています。

また、マラセチア菌(カビ)の感染によるアレルギーやその他細菌感染による免疫活性化による炎症反応の赤味と考えられています。

アゼライン酸の皮脂分泌抑制や抗菌作用が脂漏性皮膚炎の炎症性変化に効果があると考えられています。

アゼライン酸 配合クリーム

ニキビがちなお肌を考えた化粧品 
DRX® AZAクリア ロート製薬

妊娠しても大丈夫。授乳中の方にも安心。

ニキビの症状

ニキビは毛穴のつまりと皮脂分泌が増加することで始まります。最初は面皰(メンポウ=コメド)と言われる状態であまり目立ちませんが、ニキビ菌の増加とともに炎症が起こり赤ニキビと言われる状態へ悪化します。以下はニキビの段階的進展を示します。

①初期段階
面皰(メンポウ)はコメドともいわれニキビの初期段階です。古い角質がとれずに残ってしまい、毛穴にフタをして詰まっている状態です。白ニキビや黒ニキビともいわれています。

②炎症段階
ニキビ菌が増殖し、たまった皮脂や炎症物質によってニキビが赤く盛り上がり、さらに膿がたまるようになっている状態です。炎症が進むと治療後に黒ずんだりすることもあります。

アゼライン酸とは?

アゼライン酸は海外でニキビ治療薬として昔から使われている成分です。アゼライン酸はメラニンの生成を抑える効果から、海外で美白目的の治療薬として開発が始まりました。その臨床試験中に美白とともにニキビへの効果が認められました。

 角化正常化、皮脂分泌抑制、抗菌作用 

アゼライン酸には、古い角質が毛穴にフタをするのを防ぐとともに、ニキビ菌への抗菌活性があることが分かりました。
アゼライン酸は、ヨーロッパ、アメリカ、アジアなど世界の80カ国でニキビ用医薬品として承認され約30年間皮膚科などで販売されています。
欧米のニキビ治療標準書でも、面皰(メンポウ)治療においてアゼライン酸はビタミンA類の医薬品に次いで推奨されています。

 妊娠に安全

アゼライン酸はビタミンA類の医薬品に比べ皮膚への刺激が少ないことから、刺激に絶えられない患者様や妊娠していたり、妊娠の可能性のある女性の患者様向けに医療現場で選択されています。

炎症後色素沈着の改善

アゼライン酸は美白効果を有することから、ニキビが治った後の気になる黒ずみへの効果も期待出来ます。
アゼライン酸は、小麦やライ麦などの穀類や酵母に含まれている成分で、日常的に食事などで口にしている天然物由来の酸です。
天然物由来の酸ということもあり、外用したときに部分的な「熱感」「かゆみ」などのごく短時間の刺激症状が見られることがあります。しかし、刺激が強い場合には、使用回数や使用量を減らすことで、その後も使用し続けることができます。
長年海外で使われている事や天然物由来であることから、アゼライン酸はきわめて安全で有用な物と言えます。

アゼライン酸を使う上での注意

1.傷、はれもの、湿疹、かぶれ等、異常のある部位には使用しないで下さい。
2.化粧品がお肌に合わないとき(下記のような場合)は、使用を中止し、医師にご相談下さい。そのまま使用を続けますと症状が悪化する事があります。

○使用中に赤味・はれ・かゆみ・刺激等の異常が現れた場合
○使用したお肌に、直接日光が当たって、上記の様な異常が現れた場合

3.目に入らないようにご注意下さい。万一目に入った場合はすぐに水またはぬるま湯で洗い流して下さい。尚、異常が残る場合は眼科医にご相談下さい
4.材質によっては落ちにくいこともありますので、衣服等につけないようご注意下さい。万一衣服に付いた場合はすぐに洗剤で丁寧に洗い流して下さい。

使用方法

アゼライン酸の効果が出るのに1~2ヶ月かかります。

Q&A

Q1:ニキビ用医薬品を使っている時も一緒に使えますか?
A1:お使い頂けます。使用方法などはご相談下さい。

Q2:1本で何日ぐらい使えますか?
A2:朝晩2回、1回パール粒大(直径1cm)の使用で1ヶ月お使い頂けます。

Q3:しばらくしても「熱感」「かゆみ」がおさまりません。大丈夫でしょうか。
A3:通常1~2週間で慣れてきます。必要に応じて夜のみや1日おきの使用など間をあけてお使い下さい。それでも症状が治まらない場合は、ご相談下さい。

医療機関限定販売製品(受診し正しい使い方の指導が必要です)

妊娠、授乳中の方も安心

アゼライン酸とは

商品名アゼライン酸
(DRX AZAクリア)
容量金額
15g1,800円(税別)
主成分 全成分: 水、アゼライン酸、BG、トリエチルヘキサノイン、ミネラルオイル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ジグリセリン、ベンチレングリコール、ステアリン酸グリセリル、ホホバ種子油、PEG-60水添ヒマシ油、ナイロン-12、セタノール、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、ステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロース、EDTA-2Na

オンライン診療ご利用できます

男性にも優しいクリック

メニュー

キャンペーン

PAGE TOP