ボトックス治療

ボトックス

ボトックスとは神経の指令を遮断する効果があります。
神経からの指令が遮断され筋肉の動きが止まることにより、古くから眼瞼痙攣などの治療に用いられてきた薬です。
継続効果は永久的ではなく、部位により異なりますが、
半年から9ヶ月で少しずつ元に戻っていきます。ボトックス注射は効果的な箇所に適切に行いますので、
表情がこわばったりすると言うことはありません。
効果の発現は注射後より4~10日目より得られます。

ボトックスで得られる効果

  1. シワの消失 : 目じりの笑いジワ・眉間のたてジワなどの気になるシワの消失
  2. パッチリまぶた : 重たいまぶたを引き上げる効果
  3. 小顔 : エラ張りなどの筋肉の縮小
  4. その他 : 肩こり・・・筋肉の張りを抑える効果で筋肉が柔らかくなる
    多汗症・・・汗の伝達物質をブロックし、汗の分泌を軽減 
  5. マイクロボトックスとして水光注射で均一に皮膚の浅い層に注射することで毛穴や皮脂分泌抑制効果があり肌のキメを整えてくれます

ボトックス注射の不適応の方

  • 以前にボトックスで治療して異常反応があった方
  • 妊婦、授乳中の女性、または避妊されていない方
  • 脊髄、末梢神経の病気に罹患している場合
  • 重度の眼瞼下垂がある方
    ※詳細は医師にご相談ください。

ボトックス修正注射
(成分:アセチルコリン塩化物)

ボトックスの効果が必要以上に現れてしまった場合に、表情筋の動きを回復させるボトックス修正注射を患部に注射して、ボトックスの作用を弱め、回復を早めることができます。

注射部位が腫脹したり、赤み・ピリピリ感・蕁麻疹様反応が出現することがありますが、数時間程度で消失します。
注射1回の効果の持続期間は通常3~4日間程度です。効果の持続期間には個人差があります。
ボトックスの作用が強く出ている方は複数回の治療が必要です。
症状の改善度に応じて治療効果を維持するために、1~2週間毎に2~3回程度追加処置を受けていただく場合もあります。
注射部位に内出血班が生じた場合は約2週間で消失します。注射部位の疼痛は約2日間で改善します。

 ボトックス修正注射を受けられない方
 ・気管支喘息、甲状腺機能亢進症、てんかん、消化性潰瘍、重篤な心疾患の ある方、前立腺肥大や尿閉のある方 
・妊婦、または妊娠している可能性のある方、授乳中の女性 

治療の流れ (ボトックス及びボトックス修正注射)

STEP1  診察

医師の診察を行います。

より効果的な注入部位を検討します。

     ▼

STEP2  麻酔

ご希望により外用麻酔をご用意しています。

ペンレス 1枚500円(税別) 麻酔クリーム2,000円(税別)

     ▼

STEP3  治療

注射部位はメイクを拭き取ります。
鏡を見ながら注射部位を確認します。

     ▼

STEP4  治療後

・注入直後から数時間は、注射の刺激により赤みや内出血斑が出ることがありますが、徐々に収まります。なるべく治療部位は避けてお化粧をしてください。
・当日から洗顔、洗髪、入浴可能です。

症例

ボトックス ひたい

ボトックス 目じり(左右)

ボトックス 眉間

ボトックス ぱっちりまぶた

オンライン診療ご利用できます

男性にも優しいクリック

メニュー

キャンペーン

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP