HIFU

HIFU ウルトラQプラス

HIFU ウルトラQプラス
ULTRAcel Q+
切らないたるみ治療・切らない脂肪除去

  • リフトアップ手術はせず肌のたるみを改善したい
  • 今までのレーザー治療では満足できなかった
  • 目元のたるみが気になる
  • 顔が四角っぽく、長方形にのびてきた
  • 2重顎が気になる
  • 痛みやダウンタイムの伴う治療はしたくない
  • 小じわ・毛穴・ハリが気になる
  • 脂肪吸引はしたくないが、即効性があり副作用のない、サイズタウン治療がしたい

HIFU ウルトラセルQプラス(ULTRAcelQ+)とは

ウルトラセルOプラスとはHIFU(高密度焦点式超音波)です。
皮下真皮層から脂肪層を超えSMAS筋膜まで熱エネルギーを加えます。加熱タイトニングによる引き締め、リフトアップ作用だけではなく、効果維持につながるコラーゲン増生を促す「たるみ」治療です。メスを使わずにSMAS筋膜の深さまで引き上げることができます。
効果は1~3ヶ月がピークで約半年持続しますが、エイジングをコントロールするためには、状態に合わせて繰り返し行うことが推奨されます。
HIFUリニアは脂肪細胞を広範囲に融解除去するので、輪郭を引き締め、体の余分な脂肪除去として体のパーツにも行うことが可能です。

有楽町皮膚科のHIFUはここが違う

  • 目的に合わせた8種類のカートリッジで顔も体のパーツも治療可能
  • 顔は6種類のカートリッジで皮膚の筋膜SMASから引き上げ
  • HIFUリニアで輪郭だけではなく体のハミ肉パーツも脂肪融解除去し同時にリフトアップ
  • リピート可能な適正価格

今までのHIFUと有楽町皮膚科のHIFUはここが違う

2相性効果

治療直後にみられるリフトアップ効果と、治療後1~3カ月でコラーゲン再生がピークを迎える2相性の効果が得られます。直後は熱エネルギーによる脂肪細胞の破壊とSAMSアップによる効果、1~3ヶ月後は細胞修復によるリモデリング効果が得られます

痛みもダウンタイムもほぼなし

治療中は骨に響くような感じがすることがありますが、従来のハイフよりも痛みは大幅に軽減。施術後すぐにメイクも可能です。

圧倒的にスピーディーな治療

1ショットの照射スピードが従来のHIFUと比べて非常に短くなります。

有楽町皮膚科 HIFU 目的別8つのカートリッジ

8つのカートリッジで部位別、症状に合わせて治療が行なえます。体のパーツにもHIFUを行うことができます。

有楽町皮膚科の8つのカートリッジ

4.5mm
3.0mm
2.0mm
1.5mm
(点状照射)

9.0mm
6.0mm
4.5mm
2.0mm
(線状照射)

有楽町HIFUおすすめ部位

有楽町皮膚科おすすめ たるみ治療回数

ハイフの治療効果は、1か月後から出始め、3ヶ月後にピークに達し、その後徐々に低下していきます。
ハイフを3ヶ月に1回、その間に温熱メソッドでテノールを行うと効果が高まります。
ハイフがはじめての方は、2回目までは1ヶ月に1回行うと持続力が高まります。
例:5月ハイフー6月テノールー7月テノールー8月ハイフ

治療回数目的推奨治療間隔
ハイフ(ウルトラセルQプラス)・顔、目周りたるみ
・しわ、毛穴
3ヶ月~半年に1回
*初回は1ヶ月に1回で効果アップ
ハイフ+リニア(ウルトラセルQプラス)・顔、目周りたるみ、小顔
・しわ、毛穴
・2重顎、フェイスライン脂肪融解
3ヶ月に1回(ハイフ)
2週間に1回(リニア)
テノール・エイジング
・やつれのないハリのある元気な顔
・血流リンパ循環改善
2週間~1ヶ月に1回
ハイフ(ウルトラセルQプラス)+テノール2回付き総合的なたるみ改善と老化予防3ヶ月に1回(ハイフ)
1ヶ月に1回(テノール)
リニア(ウルトラセルQプラス)・顔脂肪たるみ
・2重顎
・体のたるみ、部分やせ
2週間に1回(3回1クール)

オンライン診療ご利用できます

メニュー

キャンペーン

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP