フォトフェイシャルの最上位 M22

ルミナス社の最新型

シミ、そばかす、肝斑、赤ら顔、ニキビ跡の赤み、ハリつや、毛穴、小じわ

M22は、7種類の光(波長)からなり、一人一人の肌の状態や悩みに応じて最適な光(波長)を選択することができるため、今までのフォトフェイシャルよりも高い治療効果が得られます。シミ、そばかす、肝斑のみならず、赤ら顔やニキビ跡の赤みにも効果があります。さらに照射することでコラーゲンが増生され、肌のハリやキメも整うため、総合的な美肌効果を得られます。

一回の照射で効果が見られますが、繰り返し治療を受けて頂くとより透明感のある均一な肌色を得ることができます。

フォトフェイシャルM22とは

IPLは黒い色素や赤い色素に吸収される性質があり、表皮層のメラニン色素に反応することで、広範囲のシミやくすみ、そばかす、肝斑を薄くします。赤血球に反応するため、赤ら顔、ニキビ跡の赤味にも効果が期待できます。肌のコラーゲンにも作用し、ハリ、小じわ、毛穴も改善されます。回数を重ね、肌全体の悩みをトータル的に改善します。 IPLは肌に優しい光のため素肌を傷付けることはなく、施術中はゴムで弾かれるような軽い刺激を感じる程度です。ダウンタイムがなく施術直後からメイク可能です。

フォトフェイシャルM22について

フォトフェイシャルM22は厚生労働省より薬事承認を受けている医療機器です。従来のフォトフェイシャルと比べ光の波長の選択肢が増え、出方をより細かく設定できます。お悩みに応じてよりきめ細やかな治療が可能です。

メカニズム

シミやくすみは蓄積されたメラニンが顕在化したものです。肌は紫外線や摩擦などの刺激を受けると、皮膚に存在するメラノサイトが活性化してメラニン色素が作り出されます。作り出されたメラニンは肌のターンオーバーによって角質やアカとなってはがれ落ちますが、日焼けによってメラニンが過剰に生成されたり加齢によってターンオーバーが乱れたりすると、メラニンが蓄積されやすくなります。

フォトフェイシャルM22を肌に照射すると黒いメラニン色素に選択的に吸収され、それにより発生した熱の作用によってメラニンが破壊されます。分解されたメラニンは、老廃物として皮膚のターンオーバーにより排出が促され、肌の表面に浮き上がって徐々にはがれ落ちます。

こんな方におすすめ

①シミ・そばかす

シミやくすみは蓄積されたメラニンが顕在化したものです。 
肌は紫外線や摩擦などの刺激を受けると、皮膚に存在するメラノサイトが活性化してメラニン色素が作り出されます。 
M22はメラニンに吸収される波長を選択的に照射することで、色素が分解され、広範囲のシミやくすみ、そばかすを薄くします。


②肝斑

肝斑は30~40代の女性に多く、通常のシミと違い、メラニンを作るメラノサイトが少しの刺激で活性化しやすい状態になっているため、誤った治療を行うとむしろ悪化する可能性があります。
M22は肝斑にあった波長をマイルドに照射することにより、肝斑を薄くすることができます。


③赤ら顔

赤ら顔は毛細血管が何らかの原因で拡張して血流量が増加し、顔面のほてりや赤みが生じた状態です。
毛細血管拡張専用フィルターを使用することで、赤ら顔の原因であるヘモグロビンに選択的に吸収される波長を照射でき赤みを抑えることができます。


④ニキビ、ニキビ跡の赤み

当院はニキビ専用フィルターを導入しています。このフィルターはニキビ菌の殺菌作用があり、炎症性ニキビの改善や予防効果が期待できます。また、色素に反応するためニキビ跡の色素沈着を薄くすることができ、毛細血管を破壊しニキビ跡の赤みも薄くします。


⑤ハリつや、毛穴、小じわ

真皮のコラーゲン線維や線維芽細胞を活性化するので、お肌全体にハリとつやが出ます。
ハリが出ることにより、毛穴や目元の小じわも目立たなくなります。

フォトフェイシャルM22の特徴

Point 1. 様々な症状に効果的 
シミ・そばかす・肝斑・赤ら顔・ニキビ跡の赤み・ハリつや・毛穴・小じわ

Point 2. 痛みが少ない
分割された光の強さが均一化されたため、従来のフォトフェイシャルM22よりも痛みが抑えられます。

Point 3. ダウンタイムがない
施術後はあっても軽い赤み程度で、すぐにメイクも可能な気軽に受けて頂ける治療です。

Point 4. 施術が短時間
従来よりもスピーディーな照射が可能な機械です。

Point 5. 継続的な治療で効果増大
治療を重ねるほど効果が増すので、3~4週間に1度のペースで5~6回の治療が推奨されます。

治療の流れ 

施術時間 顔全体 約40分 両頬 約30分

  • 施術中はゴムではじかれるような痛みあります。皮膚の薄い部位やシミの濃い部位は痛みが若干あります。
  • 照射時、まぶしいため、目元はアイシールドなどで保護して行ないます。
  • 施術後はほとんどダウンタイムがありません。ほんのり赤みが出る程度です。
  • 赤みやひりひり感があれば、「赤み」の軟膏を赤みが消失するまで塗布してください。
  • 施術は3~4週間に1度のペースで5-6回を目安とし行い、終了後は状態に応じて治療の継続を検討します。

※ニキビに関しては2 ~ 4 週間に1度のペースで6 -10 回を目安とします。

治療後

フォトフェイシャルM22照射後

治療直後からメイクできます。
照射後は日焼け止めやメイクで肌を保護して日焼けに注意して下さい。

部分的に赤みやひりつきが出現することがありますが1~3日程度で消失します。
「赤み」軟膏を赤みが消失するまで塗布してください。
3日以上痛みが続いたり、小さな水ぶくれが出現した場合は必ずご来院ください。
洗髪、洗顔は当日より可能ですがこすらないよう、熱いお湯の使用は控えてください。
施術後のご自宅での保湿は当日より可能です。※フェイスパックは赤みが消失してから使用して下さい。

照射後、一部ソバカスやシミが反応し、小さなカサブタになる事があります。
1、2週間かけて薄く剥がれるので、こすらず、優しく洗顔してください。

M22ができない方

妊娠中・授乳中・ケロイド体質・光過敏症・日焼けしている方

フォトフェイシャルM22を受けるにあたっての注意

  • 肝斑の治療として肝斑内服薬や美白外用剤等併用していただくことがあります。
  • 光での治療なので目元のまぶしさを保護するため、アイシールド等行ないますが施術終了まで目は閉じたままでいてください。
  • ホクロやタトゥーにも反応するのでその部位への照射を希望されない場合必ず施術前にその旨をお伝えください。
  • くすみや日焼け、メラニン色素の多い部分には反応が強く出ることがあります。場合によって軽度の発赤・腫れが出る事がありますので、反応が強く出た場合は必ずご来院お願いします。

オンライン診療ご利用できます

メニュー

キャンペーン

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP