ハイドロキノン / ルミキシル(LUMIXIL)-ハイドロキノンが合わない方用美白剤-

ハイドロキノン

メラニンを還元し取り除く効果がある 世界で愛好家の多いホワイトニング成分です。 
ハイドロキノンは古くから世界では馴染み深い天然成分でした。
シミの原因であるメラニンの合成を阻止し、チロシナーゼ酵素の活性を抑えると同時にできてしまったメラニンを還元し取り除く効果があると言われています。還元能力としては、日本の代表的な美白成分ビタミンC(アスコルビン酸)、アルブチンやコウジ酸の10倍から100倍と言われています。 
多くの美白成分はメラニンの合成を阻止するか、チロシナーゼ酵素の活性を抑える働きのある成分です。メラニンの発生を防ぐことにはとても効果的です。しかし、すでに発生したメラニンを取り除くことはできません。

クリニックではどういう時に使われるの?

特にシミやニキビ跡の色素沈着、レーザー後の色素沈着に対して効果が高く、非常によく使われています。

どんなシミに効果があるのか?

肝斑肝臓の色に似た褐色のシミで、額や頬、目や口の周りに左右対称に現れます。
女性ホルモンのアンバランスなどが原因と考えられています。肝斑は紫外線に反応しやすいため、日常的に紫外線を避けることが必要です。
雀卵斑両頬や鼻の上にメラニン色素が異常増殖または色素沈着することによって起こる褐色の小さい斑点がたくさん散在するものをいいます。一般にソバカスとよばれています。 
紫外線を浴び続けていると色が濃くなったり、数が増えたりします。
炎症後色素沈着ニキビ跡の色素沈着の改善やレーザー後の色素沈着の予防に多く使われています。
他にアトピー性皮膚炎患者の色素沈着の改善に使うこともあります。
日光黒子(老人性色素斑)主に中年以降の人の顔や手の甲、前腕など日光に長期間当たる部位によく発生します。 
男女ともにみられます。ピーリングやレーザーと併用するとさらに効果的です。

副作用は?

人によってはかぶれたり、 皮膚への刺激が起こる事があります。赤みや刺激が強く出た場合はすぐに使用を中止し、医師に相談してください。ハイドロキノンは非常に安定性が悪く、酸化してできるベンゾキノンという成分は刺激が強いので、純度の悪い原料を用いた製品や劣化(茶色に着色)したものを使用しないようにしましょう。

白く色抜けすることはあるのか?

5%程度のハイドロキノンでは白い色抜け(白斑)は報告されていません。 さらに高濃度のハイドロキノンを長期に使用する場合には注意が必要ですので使用方法については医師の指示に従ってください。

*ハイドロキノン製剤を使う上でのご注意

お肌に傷・腫れ物・湿疹・かぶれ等のある時にはお使いいただけません。医師にご相談ください。 使用中にかゆみ・赤み・刺激などの異常が現れた場合はご使用をおやめになり、医師の診察を受けてください。 日中強い紫外線をあびるとかえってシミが濃くなる場合があります。夜のみ化粧水・美容液・乳液などでお肌を整えた後にご使用下さい。

ハイドロキノン(4%・10%) 2000円(税別)

ルミキシル (LUMIXIL)
-シミの改善と予防ができる美白剤 -

シミの改善と予防ができる美白剤
(ハイドロキノン代替品)
*医療機関のみで販売

ルミキシルについて

ルミキシルはスタンフォード大学の皮膚研究者により開発された合成ペプチドを含有する局所美白クリームです。 合成ペプチドは天然由来のアミノ酸であり、ルミキシルペプチドは10種類のアミノ酸からなる合成ペプチドです。 ルミキシルペプチドはチロシナーゼ(皮膚のメラニン生成に関与する酵素)を阻害して皮膚を脱色します。ルミキシル美白クリームに含有されているペプチドは均一にチロシナーゼを阻害します。 ルミキシルペプチドは0.01%の濃度で配合されています。

ルミキシル 4ml 2000円(税別)   50ml 18000円(税別)

特徴と利点

  • ハイドロキノンの有効な代替品
  • 目元などハイドロキノンの塗布できないエリアの美白に最適
  • 色素沈着の改善に有効な外用剤
  • 非刺激性、非毒性、水溶性、酸化しない、皮膚細胞への毒性がない(実験により証明)
  • 全ての肌質に安全で、長期に使用可能
  • 強い香料を含有せず、質感が良い

ハイドロキノンの有効な代替品

ルミキシル(0.01%の濃度)は化粧品と位置づけられます。2009年8月にスタンフォード大学行われた実験では皮膚のメラニン合成を引き起こす酵素の合成阻害力を比較すると、同濃度ではハイドロキノンよりもルミキシルのほうが有効性が高いことが示されました。ルミキシルとハイドロキノンを比較すると、ルミキシルがハイドロキノンよりも優れた有効性を示すことがわかりました。ルミキシルはハイドロキノンより10数倍以上の効力で、細胞内レベルで機能することが示されました。

非刺激性

美白剤の多くは、メラニンを除去し、角質除去、細胞のターンオーバーを促進させるため、皮膚に高率に刺激を引き起こします。代表的なものでは、レチノイドなどが刺激を引き起こす一般的な成分です。また、美白剤のハイドロキノンなどの化学物質に敏感な人もいます。パッチテストにて、ルミキシルは刺激やアレルギー反応を誘発しないことから、他の美白剤と比べて今までにない新しい美白剤に分類されます。

非毒性

有効成分としてのルミキシルペプチドは完全に非毒性であり、皮膚で容易に代謝されます。

水溶性

ルミキシルペプチドは水溶性であり、油脂や揮発性アルコールなどの他の溶剤を用いていないため微量で純度の高い効果を発揮することができます。

皮膚で容易に分解

ルミキシルペプチドは細胞親和性が高いため皮膚から自然に代謝されます。また、純度の高い成分であるため、吸収の過程で副合物を産生しないので、肌に対して余分な酸化ストレスを与えることなく、自然に代謝されます。

日光過敏症増悪の抑制

ルミキシルペプチドは皮膚バリア機能を悪化させないため、日光暴露時の肌へのダメージを抑えることができます。ただし、紫外線(UV)暴露はルミキシルの効果発現に逆行するため、毎日の日焼け止め外用剤、(SPF30以上)の使用も必要です。

酸化しない

スキンケア製品の中には、空気に触れると、急激に失活し、変色していくものもありますが、ルミキシルペプチドは有効期限内では酸化することなく、その安定性と有効性を維持することができます。小分けにしている場合の有効期限は短くなりますが、ルミキシル本体の有効期限は開封後12ヶ月間です。

細胞毒性がない

細胞毒性とは、細胞を死滅させる作用を示しますが、ルミキシルは色素細胞を死滅させることはなく、色素脱失を行う事ができます。

保湿効果

ルミキシルはもともと保湿効果を得るために作られた製品のため、他の保湿剤との親和性も高く、一緒に併用することが可能です。

全ての肌タイプに対して安全かつ長期使用可能

ルミキシルペプチドは非毒性で細胞レベルに働きかけ、メラニン生成を均一に抑えるため、敏感肌や色黒肌など全ての肌タイプに安心して使うことができます。 また、長期連用により、皮膚が菲薄化するなどの副作用もないため、長期間使用することができます。

使い心地のよさ

スキンケア製品の中には、使用時にヒリヒリ感や不快な香りを伴うものもありますが、ルミキシルは滑らかな質感と香料を極力抑えた優れた使用感が一体化しております。

適応疾患

ルミキシルは様々な色素性病変を改善します。

  • 老化や紫外線によるシミ
  • 肝斑
  • 一般的な光線性皮膚障害、日光皮膚炎後の色素沈着
  • シミまたはむらのある肌の色素沈着
  • 炎症後色素沈着
  • 全身性炎症疾患による色素沈着

プロトコール

ルミキシルの使用については、医師の診察のもと処方され、医療機関のみで販売認可されます。

使用方法

1日2回使用します。豆粒大の量を洗顔後に朝晩塗布します。
美白効果は早ければ8週間後に、期待できます。但し、治療効果はスキンタイプ、年齢、及び環境因子により異なります。

効果の発現

通常、皮膚細胞のターンオーバーは年齢と肌質により、6~8週間かかります。ほとんどの肌タイプの人は、ルミキシルを8週間使用したあとには、皮膚表面の色素沈着が軽減されます。しかし黄色から淡褐色の肌タイプの人は、もともとメラニン生合成力が高いため、明らかな改善が認められるまでに2~3回以上の表皮のターンオーバーサイクルを要することもあります。

より早期に最大限の効果を得るための最善の方法とは

軽度から中等度の色素過剰の外観において最大限の効果を得るためには、医師の指示に従い、角質を取り除き、表皮細胞のターンオーバーを促進させるその他の製品(レチノイド)または処置(ピーリング)と併用してルミキシルを使用すると早期に効果が見られます。

レチノイドとの併用

ルミキシルはハイドロキノンやその他の美白剤の代替化粧品です。色素沈着に対して最大の効果を得るために、医師の診察のもと、レチノイドとの併用が勧められます。 ルミキシルは洗顔後に朝晩1日2回塗布しますが、レチノイドと併用する場合は、夜1回ルミキシルの後にレチノイドを重ね塗りして下さい。 日中はSPF30以上の日焼け止めを併用して下さい。

ピーリングなどの角質除去との併用

一般的な美白剤の使用方法としてどの薬剤でも、角質除去や細胞のターンオーバーの促進治療を併用するとより早期に効果が得られることが知られています。 ルミキシルでも同様で、角質除去を目的とした治療やピーリング剤入りの洗顔料と併用することが可能です。
ピーリング剤やレーザー機器などによるピーリング治療を行った場合は、医師と相談の上、ルミキシルを1日2回使用し、その後SPF30以上の日焼け止めを使用することが勧められます。

スキンケア製品としての使用

ルミキシルは美容液やナイトクリーム等と同じようなスキンケアとして使用することができます。 洗顔後タオルで水分を拭き取ってから乾いた肌にルミキシルクリームを塗布して下さい。美容液やナイトクリームはルミキシル使用後に塗布して下さい。

レーザーフェイシャル、フォトフェイシャル、光治療との併用

ルミキシルはレーザーのような治療や光治療と併用することができます。 あらかじめ、治療の2週間前からルミキシルを1日2回塗布し、日中はSPF30以上の日焼け止めをして下さい。

ハイドロキノン使用計画による治療からの切り替え

ハイドロキノン4%またはその他の強力な美白剤の休薬時に美白効果を安全に持続させるためルミキシルを使用することができます。 ハイドロキノン中断時は洗顔後にルミキシルを1日2回使用し、SPF30以上の日焼け止めを併用する必要があります。 ハイドロキノン治療の終了後に美白効果を長期間安定させるためにルミキシルに移行する事をお勧めします。

オンライン診療ご利用できます

男性にも優しいクリック

メニュー

キャンペーン

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP