ウイルス性疣贅(いぼ)  詳しくはこちら

治療法

有楽町皮膚科のウイルス性イボに対する治療法

分類治療法保険適応備考
物理的液体窒素凍結療法2週間に1回の通院
1年以上かかることもあり
炭酸ガスレーザー手術局所麻酔下の手術。1回の治療
まれに再発もあり
パルスダイレーザー×2週間に1回の通院
数か月。平均5~10回
光線力学療法 外用PDT×海外では推奨されている。機種、濃度等治療法が確立されていない。
有楽町皮膚科では20%ALA軟膏使用
2週間に1回の通院
寛解率90%。平均10回
化学的サリチル酸外用(スピル膏)50%サリチル酸(スピル膏)
液体窒素と併用
フェノール療法×1週間に1回の通院
2か月を目安。効果なければ他の方法へ
薬理的オキサロール軟膏×活性型ビタミンD₃外用剤密封療法
数か月~1年。効果なければ他の方法へ
レチノイド外用×トレチノイン外用1日1回密封療法
2か月を目安。治療効果80%。効果なければ他の方法へ
免疫学的ヨクイニンエキス内服他の治療と併用
1年以上かかる。若年層で0~70%。成人では0~20%の治療効果
べセルナクリーム×イミキモド外用1日1回密封法
5か月を目安。効果なければ他の方法へ

オンライン診療ご利用できます

男性にも優しいクリック

メニュー

キャンペーン

PAGE TOP